catch-img

【産業用モータの選び方】モータの種類と選定ポイントを紹介

産業用のモータには様々な種類があり、電圧・トルク等のスペックや価格がそれぞれ異なります。

モータを選ぶ際は、自社の用途に適したモータを選ぶことが大切です。しかし、「モータの選び方が分からない」「モータの使用例について知りたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、基本的なモータの種類と選び方と、用途別のモータ使用例を紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.モータの種類
    1. 1.1.DCモータ
    2. 1.2.ACモータ
  2. 2.モータの選び方
    1. 2.1.①スペックで選ぶ
    2. 2.2.②価格で選ぶ
    3. 2.3.③メーカーで選ぶ
  3. 3.モータを選ぶ際に押さえたいポイント
    1. 3.1.①モータのエネルギー効率
    2. 3.2.②サイズ・重量と出力
    3. 3.3.③静音性、低振動、防水・防塵等
  4. 4.用途別のモータ使用例
    1. 4.1.①自律走行ロボット・モビリティ
    2. 4.2.②病院用・在宅用人工呼吸器、歯科治療用機器、外科手術用パワーツール
  5. 5.まとめ


モータの種類

モータには様々な種類があり、その分類方法は構造、駆動方法、電源の種類等の見方によって変わってきます。その中で電磁力によって回転するモータの分類の一例を紹介します。


▼モータの種類


その中で一般的によく使用されるDCモータとACモータについて解説していきます。


DCモータ

DCモータは直流電源で動作するモータで、電気自動車の走行モータやエレベーター、家電製品等、幅広い産業で使用されています。

DCモータには、ブラシ付DCモータとブラシレスDCモータがあります。


▼DCモータの特長・用途


DCモータ(ブラシ付)
DCモータ(ブラシレス)
特長
  • コイルに電気を流すことでローターを回転させる
  • 制御性・効率が良くて小型化が容易
  • 低コスト
  • 定期的なメンテナンス・交換が必要
  • 電子回路を用いて電流の制御を行いながら永久磁石を回転させる
  • 寿命・メンテナンス性・静音等に優れており、構造上の自由度が高い
  • 比較的寿命が長い
用途
  • 模型用のモータ
  • 自動車電装モータ
  • 家電製品(ドライヤー、シェーバー、掃除機) 等
  • 産業機器
  • 家電製品(洗濯機、エアコン、冷蔵庫) 等


ブラシレスDCモータとブラシ付DCモータの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

ブラシレスDCモータとは? ブラシ付DCモータとの違いと種類を解説


ACモータ

ACモータは、交流電源で動作するモータで、交流モータやインダクションモータとも呼ばれます。一般的に、連続的な動き・速度の変化が少ない製品に使用されます。


▼ACモータの特長


詳細
特長
  • 整流子・ブラシ・制御回路が不要
  • メンテナンス性に優れている
  • 低コストで大型化・大出力化が容易
用途
  • 工作機械
  • コンベア 等


DCモータとACモータの詳しい違いについては、こちらの記事で解説しています。

直流/DCモータと交流/ACモータの特長と違いを比較!



モータの選び方

産業用モータは、種類・スペック・価格等、自社に必要なものを選ぶことが重要です。ここでは、基本的なモータの選び方を3つ紹介します。


①スペックで選ぶ

まずはスペックで選ぶ方法です。モータによって、サイズや出力、トルク、電圧、回転数等のスペックが異なります。カタログのスペックを比較した上で、自社に適したモータを選ぶことが大切です。


▼比較するスペック

  • サイズ・重量
  • 定格電圧・使用電圧
  • 定格出力・瞬時最大出力
  • 定格トルク・瞬時最大トルク
  • 定格回転数
  • エネルギー効率
  • 静音性、低振動、防水・防塵 等


▼スペック表の例



②価格で選ぶ

2つ目は、価格で選ぶ方法です。産業用モータは、種類やスペックによって価格が異なります。

性能が良いモータを選ぶと価格も高くなるため、自社の要件を満たしつつ予算に適したモータを選ぶのがポイントです。また、モータのメンテナンスや交換にかかる費用も含めて、長期的なコストの計算も行います。


③メーカーで選ぶ

3つ目は、メーカーで選ぶ方法です。産業用モータは国内外に様々なメーカーがあり、メーカーによって取り扱うモータの種類や価格等が異なります。

粗悪品の場合は、モータだけでなく怪我や周辺機器の故障につながることもありますので、メーカーの評判に加えて、高品質でトラブルが発生しにくい製品の評判や、モータの修理・交換等のアフターメンテナンスがあるかどうかを確認した上で、信頼のおけるメーカーを選ぶことをおすすめします。



モータを選ぶ際に押さえたいポイント

上記ではモータの選び方をご紹介しました。その中でも特に押さえておきたいポイントとして“エネルギー効率”“サイズ・重量と出力の関係”“静音性、低振動、防水・防塵”が挙げられます。


①モータのエネルギー効率

モータを選ぶ際は、モータのエネルギー効率が重要なポイントになります。

モータは、電気エネルギーを回転エネルギに変換して機械を動かします。もしも、回転エネルギーに変換する前に熱に変換された場合、モータの速度が制限されたり、無駄な電力を消費したりする等、効率が悪くなります。そのため、エネルギー効率の高いモータを選ぶことが重要です。


②サイズ・重量と出力

モータはサイズ・重量によって主力帯が変わってきます。スペースの制約があったり、持ち運んだりするような用途では、同じ出力帯でも小さくて軽いものが好まれます。


③静音性、低振動、防水・防塵等

モータは用途によって必要とされるポイントが変わってきます。モータを高速回転させて機械を動かす場合、フレーム・ベアリングの振動やモータを冷却するファンの音が原因となり、騒音問題につながるケースがあります。

このようなトラブルを避けるためにも、静音性や低振動のモータを選ぶことをおすすめします。

また、野外での用途では、防水性や防塵性、耐衝撃性等の要素が重視されます。



用途別のモータ使用例

ここからは、多様なモデルのブラシレスDCモータを取り扱うマブチモーター製品の使用例を紹介します。


①自律走行ロボット・モビリティ

同出力帯で業界最小・最軽量クラスのハイパワーブラシレスモータシリーズが採用されています。最高効率90%を実現し、リード線周辺部に気密性の高い防水構造を採用しています。減速機やコントローラー、電磁ブレーキ、駆動ユニットなど、各種オプションにも対応しています。


▼移動体用ブラシレスモータ製品の例

②病院用・在宅用人工呼吸器、歯科治療用機器、外科手術用パワーツール

最高回転数100,000r/min.のハイスピードブラシレスモータシリーズが採用されています。高速回転時の静音性、低振動を実現し、また最高効率92%により、消費電力を低減、電池駆動ユニットの駆動時間を向上しました。


▼医療機器用ブラシレスモータ製品の例

​​​​​​​



まとめ

この記事では、産業用モータについて以下の内容を解説しました。


  • モータの種類
  • モータの選び方
  • モータを選ぶ際に押さえたいポイント
  • 状況・用途別のモータ使用例


産業用モータは、種類・スペック・価格帯等、様々な選び方があります。モータを選ぶ際は、エネルギー効率や、要件に適したポイント等を確認する必要があります。

マブチモーターでは、多様なモデルのブラシレスDCモータを取り扱っており、上記で紹介した移動体や医療機器の他に家電製品、工具等、様々な用途で幅広くお使いいただけます。また、ご要望に沿った最適な製品をご提案、サンプルのご提供等充実したサポートも行っております。

お気軽にお問い合わせ、またはオンラインショップにてお試しください。

お問い合わせ

MABUCHI MOTOR